lineバナー

lineバナー

【入学考试对策】神秘组织?!综合研究大学团体 KEK(高能加速器研究机构)是什么?大揭秘!

samune_23 研究生院
>> 本記事の日本語版はこちら
insearch
insearch

本次将解释关于综合研究大学院的高能加速器研究机构(通称:KEK)这一研究机构,主要介绍该机构的设施和如何进行入学考试对策!

院試初心者ちゃん
院試初心者ちゃん

“综研大”?KEK?

这是什么好吃的??

我第一次听说诶。。

insearch
insearch

就算是你这样的也没问题!

KEK是日本在能源领域拥有顶尖水平的研究机构!

这次我们也会详细解释这些内容!

本文内容

・你会知道综合研究大学院大学高能加速器研究机构(KEK)的情况!

・你将知道与普通研究院相比,KEK的区别在哪里,最大的魅力是什么!

・你会知道KEK入学考试的攻略要点

那么就开始吧!




综合研究大学院大学的高能加速器研究机构是什么样的地方呢?

首先,我将解释一下综合研究大学院大学的高能加速器研究机构是什么样的地方!

“综研大高能加速器研究机构”是什么地方?

【综合研究大学院大学是什么样的大学?】

综合研究大学院大学,正式名称为“综合研究大学院大学”,是基于大学共同利用机构与大学总部直接相关的先端科学研究组所组成,是一所仅有研究院而没有学部的大学!

1988年成立,是日本第一所大学院大学,虽然是大学院大学,但在日本的大学历史中相对较新。

【高能量加速器研究机构是什么?】

高能量加速器研究机构是位于茨城县筑波市大穗的一个利用加速器推动基础科学发展的研究所。

以大学共同利用机构研究所为基础,设备非常齐全。

因此,高能量加速器研究机构是一家大学共同利用机构法人,吸引了来自国内外各地的各种人士的青睐。

高能量加速器研究机构主要由以下三个专业组成:

  • 加速器科学专业(隶属于综合研究大学院大学高能量加速器科学研究所)
  • 物质结构科学专业
  • 素粒子核专业

高能加速器研究机构因为名字太长,常常被简称为“高能研”或者“KEK”。顺便说一句,KEK并非英文的首字母缩写,而是“高エネルギー加速器研究機構”的罗马字首字母组成的缩写。

顺便提一下,在英文中称为“High Energy Accelerator Research Organization”。

KEK在研究什么?

现在我们来谈谈高能加速器研究机构正在进行的研究。

在高能加速器研究机构,他们使用加速器进行研究。所谓的加速器,是指一种装置,可以将质子或电子加速到光速的99%并使它们相互碰撞。换句话说,高能加速器研究机构正是以这种方式进行着研究!

顺便说一下,物理学可以分为理论和实验两种,而上述的加速器研究属于实验研究。也就是说,他们正在进行加速器实验。

加速器实验主要用于研究素粒子和原子核。因此,重新概括前面的内容就是,“高能加速器研究机构通过加速器实验来研究素粒子和原子核。”

听到这里,有些人可能会认为他们并没有进行理论或宇宙方面的研究。关于这一点,接下来我会进行解释。

KEK也进行理论研究和宇宙研究!

在这里,我将谈谈高能加速器研究机构进行的宇宙研究和理论研究。

这是一个深入的话题,所以建议你通过大学参观等方式亲自向老师或研究生询问更详细的情况!

关于理论研究

首先,我会谈谈理论研究。

在高能加速器研究机构,除了之前提到的“加速器实验研究”,他们也进行理论研究。

具体来说,他们在高能加速器研究机构内设有一个称为“理论中心”的地方进行理论研究。他们进行的理论研究涉及到粒子物理学、核物理学和宇宙物理学的理论。虽然在任何研究院都会进行粒子物理学和核物理学的理论研究,但高能加速器研究机构的宇宙物理理论却与众不同。

高能加速器研究机构进行的宇宙物理理论研究是基于粒子、核和引力的基础理论进行的。

如果仅仅说到这个程度可能还不够清楚,再详细一点,高能加速器研究机构进行的宇宙物理理论研究涉及到“膨胀理论”和“早期宇宙”等与粒子和核有关的时期的研究。因此,他们并不研究宏观的星系等内容。

关于宇宙理论的更深入探讨。

然而,在理论中心,他们也涉及黑洞等高能天体的理论研究,因此您可以认为他们进行了“膨胀、早期宇宙、黑洞等高能天体”的理论研究。

到目前为止,您可能已经了解到他们不仅进行了理论研究,而且还进行了宇宙研究。然而,对于那些想要深入了解宇宙的人来说,可能会有疑问:“难道他们不进行宇宙实验吗?”接下来我会继续解释这一点。


KEK也在进行宇宙的“实验”!

接下来,我会谈谈KEK进行的宇宙的“实验”。

在KEK,除了进行宇宙的理论研究之外,还进行了关于宇宙的实验。

之前我们提到了宇宙理论涉及到早期宇宙和膨胀,而在宇宙的实验中,他们处理的是“宇宙微波背景辐射”。

稍微解释一下,宇宙微波背景辐射是指宇宙诞生后约38万年,当宇宙从高温到低温冷却时,使得原本处于等离子态的原子重新结合成分子,使得光线可以直线传播的遗留效应。

利用这种宇宙微波背景辐射,宇宙实验的主要目的是致力于实验性地探索宇宙微波背景辐射之前的世界。
具体来说,宇宙物理实验的研究主题是“通过观测宇宙微波背景辐射的偏振来寻找原始引力波的痕迹”。因此,也进行宇宙物理实验。

如何能进入KEK?

到这里,也许有些人会被吸引,想要加入KEK。

因为它是一个所有大学都可以共同利用的机构,你可能会觉得加入它很困难,但其实并不需要过度的担心。

加入KEK的方法是参加综合研究大学院大学高能科学研究科素粒子原子核专业的研究生入学考试。

综研大的素粒子原子核专业位于KEK内,所以你可以从KEK的工作人员那里得到如何入学的指导,从而进行最前沿的研究。通过这种方式,你就可以加入KEK了。

专栏:综合研究大学院大学真的要读博士才能毕业吗?

各位,你们知道综研大存在这样的传闻吗?

院試初心者ちゃん
院試初心者ちゃん

综研大真的必须读完博士课程才能毕业吗?如果只读修士课程不能毕业吗?

实际上,综研大的素粒子原子核专业采用了“5年一贯制”制度,因此你可以像乘坐电梯一样顺利进入博士课程。

然而,正是由于这个“5年一贯制”,有些人会误解为“在综研大读书就必须待上5年才能毕业”,但这是一个很大的误解!

在高能量加速器科学研究所,虽然在读期间无法获得硕士学位,但只要取得所需学分并通过了“修士学位取得资格认定”,你就能在离校时获得硕士学位!

有些人在读完两年的硕士后选择离开综研大并就职,所以不必太担心◎

有关在KEK获得硕士学位的详细信息,请参阅官方网站的相关部分!

修士学位取得資格者認定 | KEK:総合研究大学院大学



综研大高能加速器科学研究科的考试科目大公开!

现在,我会公开综研大高能加速器科学研究科的入学考试科目!

综研大高能加速器科学研究科的硕士课程入学考试包括:

笔试

面试

需要参加这两项考试!

笔试分为数学、英语和专业科目三部分。

已经阅读到这里的人可能会想:“综研大高能加速器科学研究科是KEK的,所以笔试应该会很难,需要准备才行。” 有这种想法是很正常的。但请放心。

综研大高能加速器科学研究所的笔试专业科目与其他大学的物理专业不同,考察的是从力学到量子力学等基础物理知识,所以只需通过普通的笔试准备就可以解答。

此外,数学考试不会出现超难的问题,而是考基础的线性代数和微分方程等计算题,因此只需复习本科阶段学过的数学知识即可满足入学考试的要求。



彻底剖析笔试所涉及的领域!

在这里,我们将解剖综研大高能加速器科学研究科的笔试所涉及的领域!

综研大高能加速器科学研究科的笔试历年真题已经公开了过去16年的内容。
然而,与16年前相比,试题形式和不出题的领域等都有所变化,因此我们不会解剖太旧的问题。
另一方面,从7年前到5年前的过去的问题因为根据专业的不同而不同,所以我们也不会解剖这部分内容。

我们将解剖的是从4年前的过去问题到目前的内容。因为这4年的过去问题是专业通用的问题,与现在的考试形式相同。

此外,这里我们也公开了合格者实际使用过的所有参考资料!!在这里列出的参考书都是他使用过的!

那么,让我们开始解剖吧!首先从数学开始♫

数学

综研大高能加速器科学研究科的数学考试涉及基础内容。具体来说,包括线性代数、微分方程、傅立叶分析、向量分析、微积分和复函数。

接下来,我们将详细讨论每个领域中经常出现的主题和单元。

线性代数

线性代数每年都是必出题。

经常出现的主题和单元包括矩阵相乘以及求解特征值特征向量的问题。

然而从日本的令和时代开始,线性代数的考试问题方向就只涉及到求特征向量特征值的问题!

微分方程式也是每年必考的内容。

经常出现的主题是定常系数线性微分方程。

题目通常要求按照微分方程的形式逐步解决问题。

傅立叶分析

近两年来(即自令和元年入学考试至令和3年入学考试),傅立叶分析并没有出现在考试中。

然而,在此之前的每年都有相关题目。

经常出现的主题是傅立叶变换,包括教科书上的问题以及使用格林函数的傅立叶变换问题。

最近几年,向量分析并没有经常出现在考试中,但在过去,每年都出现过向量分析问题。

在出现题目的年份中,向量分析的主题通常涉及线积分和面积分。

此外,也有出现同时涉及梯度、旋度等计算方法的题目。

微积分

微积分在令和时代的考试中成为了每年必考的内容。

出题的主题通常涉及到二重积分。

特别是在重积分中,经常出现的是被称为“高斯积分”的积分题目,出题的形式通常是使用重积分来证明高斯积分的答案为何如此。

复数函数在令和时代的考试中成为了每年必考的内容。出题的主题通常涉及到复数积分。因此,完全理解复数积分是必要的。


英语

総研大高能加速器科学研究所的英语考试不同于TOEIC等标准考试,而是采用自己的考试形式。因此,考生需要参加独特的考试。读到这里的人可能想知道独自考试是如何出题的,所以在这里简单介绍下过去4年的英语考试内容!

但在此之前…

総研大高能加速器科学研究所的英语考试是以阅读长文的形式出现的!此外,长文阅读的内容也以高能加速器科学研究所的KEK特色为主。

接下来,我将深入介绍具体内容!

総研大高能加速器科学研究所的英语考试内容超出了大学学习的词汇范围!

総研大高能加速器科学研究所的英语考试不同于一般的大学英语考试,而是采用了专门的考试形式。因此,考生需要参加特定的考试。

在这里提及的英语考试实际上是一项长篇阅读考试,而且阅读内容通常涉及到与高能加速器科学研究相关的主题,例如宇宙、加速器、基本粒子和原子核等。

可能有人会认为:“高能加速器科学研究科的英语考试只是阅读长篇文章而已,应该不难吧?”然而,研究科的英语考试内容并非普通的大学英语水平可以轻松胜任的。考试内容涉及到专业英语词汇,如果不了解相关专业术语,将会导致阅读理解困难甚至无法理解文章内容。

举例来说,我们都知道“energy”的意思是“能量”,但是对于“mean”,许多人会理解为“意思”,但在专业领域中,它的意思可能是“平均”。

此外,英语考试还包括了短文翻译和英文邮件撰写等内容。因此,要顺利通过考试,考生需要具备扎实的英语水平,尤其是对于专业领域的英语术语和表达方式要有一定的了解。

总的来说,研究科的英语考试并不容易,但通过认真学习和准备,是可以成功应对的。



専門科目

総研大高エネルギー加速器科学研究科の筆記試験は、数学・英語・専門科目の3つを受験しなくてはいけません。そのため、最後に専門科目について書いていきます。


総研大高エネルギー加速器科学研究科の専門科目はある意味自由になっている!

これを読んで、びっくりした人が多いと思います。専門科目、自由??とよくわからんとなっていると思うので詳しく書いていきます。

総研大高エネルギー加速器科学研究科の専門科目は、6問出題されそのうち4問を選択して解答する形式となっています。そのため自由と書いたわけです。具体的には1-4問目までは力学~量子力学までの基礎物理学の理論となっており、5問、6問目は実験の問題となっています。
つまり、この6問の中から4問選択してねということなのです。中には「4問選択と言っても何が出るか分からない、最初から4問連続でやるしかない」というようなことが聞こえてきそうですが、その点は安心してください。4問選択は変わらないですが、問題を見てから4問選択ができるからです。これはとてもありがたいと個人的には思っています。

つまり、何が言いたいかというと、問題を見てから「今年は苦手なやつが出てるからこれは捨てようかな」ということができるということです。
言い換えれば、自分の得意な分野でのみ勝負ができるということになるのです。

これはとてもいいと思いませんか??

なぜなら、先に述べた英語のみしっかり対策しておけば数学と専門科目で高得点が取れるという可能性があるからです。
つまり、英語だけしっかり対策をしておけば合格に近づけることができるということです。

これは朗報ですよね!

しかし、過去問演習ほど大事なものはないのでしっかりと過去問演習を行う必要があります。
4問選択と言いつつも注意が必要です。総研大高エネルギー加速器科学研究科の実験部門のみを志望する場合は、今述べたように4問を自由に自分の得意科目なども考えて選んでいいのですが、素粒子原子核専攻の理論部門を志望する場合は必ず第1問と第2問は解く必要があるのです。

つまり、素粒子原子核専攻の理論部門を志望する場合はその2問と自分で選んだ2問を解かなければいけないという制約があるので注意が必要です。

ここからは、専門科目の出題される分野・単元について書いていきます。

量子力学

総研大高エネルギー加速器科学研究科の専門科目で出題される量子力学は、通常の大学院で出題される量子力学とは少し異なっています。具体的には、量子力学と電磁気学の融合問題・球対称ポテンシャルなどを導入したシュレーディンガー方程式に関する問題などです。つまり、量子力学の発展に近い問題が出題されるというわけです。

統計力学

統計力学は、量子力学とは異なりそこまでレベルが高いものは出題されていません。しかし、いわゆる教科書にあるような簡単な分配関数を求めるというものではなく、一般的な分配関数を求めるという問題が出題されていたりします。また、物性理論で使われる統計力学の初歩の問題も出題されていたりするということが、近年の出題傾向です。

力学

力学は必ず毎年出題されています。出題される力学は、解析力学のみですので解析力学をマスターする必要があります。具体的には、ラグランジアンの計算の仕方・ハミルトニアンの計算の仕方などです。また、運動エネルギーを書き下すことやオイラーラグマスター方程式の計算の仕方もマスタ―しておく必要があります。

電磁気学

電磁気学は、年により様々な問題が出題されています。具体的には、コンデンサーの電場や電位などやキルヒホッフの法則が出題された年もあるのでこのような問題をスラスラと解けるようになる必要があります。さらには、マクスウェル方程式が与えられ、そこから波動方程式を導出するという問題も出題されたことがあるのでこれについてもマスターしておかなければいけません。入試傾向をみると、令和になってからの試験で毎年出題されているのは、波動方程式の導出などの波動方程式系になっているので、波動方程式の導出はみっちりと理解しておかなければいけなさそうです。ただ、コンデンサーの電場や電位の問題も出題される可能性があるため、電磁気学は全分野の基礎をマスターしておかなければいけません。

ここまでで理論の分野の問題傾向を書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。ここで再度書いておくと、総研大高エネルギー加速器科学研究科の専門科目は、以上の4つの理論問題と2つの実験問題で構成されており、素粒子原子核専攻の理論部門を志望する場合を除き自由に6問の中から4問を選んで解答をする形式です。総研大高エネルギー加速器科学研究科の専門科目の残り2つの実験問題については、4問ある理論問題の応用という枠組みになっているためこの記事では実験問題の傾向などは扱いません。

今回の記事のまとめ

さて、今回の記事はいかがだったでしょうか?

総研大のKEKの対策に関する内容について、詳しくまとめさせていただきました!

insearch
insearch

コメント欄では、大学受験に関する質問をどしどし受け付けています!

ぜひご質問やお便りをお待ちしています♫


また本サイトでは、大学院入試に関する情報やその他研究科・専攻の情報を発信しています!

合わせてこちらからチェックしてみてください!

>> その他の大学院・研究科に関する記事一覧へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました